手を使わない

私が生徒であった時、
よく手を使うなと言われる事がありました。
「手を使わなければ剣すら握れないじゃないか…。」
などと思ったものでしたが、
手を使わないと言う事は比喩表現で、
実際は身体の出来る限りすべてを参加させる為に、
手だけに突出した仕事をさせない…と言う様な意味であると今は思います。
出来る人のアドバイスや意図を、
まだ出来ていない人が推し量る事の難しさは、
実技のある世界では顕著だと思いますが、
意図を図り気持ちを量り法則を見抜くような事自体も、
必須の稽古の一側面であると私は思っております。

ブログ, 稽古カテゴリーの記事