正確さ

動きの中で大切になって来る精度は二種類考えられる。
一つは本人が思った通りに動く正確さの精度。
二つ目はその動きを対人の中で発揮する正確さ。
対人の稽古ばかりで自分単独動作の正確さを認識しないと結果雑な動きになり易い。
とは言え一人稽古のみでは対人の動きに対応は難しい。
順序としては一人稽古を十分に積み正確さを身に付け、
対人の稽古で不足を感じたらまた一人稽古で補いながら、
更に対人の経験を積むのが良いと思う。

ブログ, 稽古カテゴリーの記事