自分の嫌な事はやらない主義という人にたまに出会う。
それが出来る環境、それが出来る力量は素晴らしいと思う。
でも武道の稽古に関してはそうではいけない。
自分の働きかけで環境や状況を変える事も稽古して行く必要は有るが、
それが出来ない状況での振る舞いや、
向き合い方も稽古する必要がある。

「事前に不利な状況に陥らない様に心掛けることが大事。」
それは正しい。
でもいざ不利になったら諦めたりやぶれかぶれになったりするのでは、
その心掛けは片手落ちである。
いざというときに、準備された策が確実に行える保障などどこにもない、
追い詰められた手詰まりに見える状況でも、
普段の力を普段通りに発揮できる様になることも大切な稽古だ。
とはいえ、
初心者は出来る事を伸ばす、増やすと言うのが良く、
今言っている苦手の克服や苦手に対する取り組みと言う物は、
中上級者の特に必要な取り組みだあると私は考えている。
初心者は出来ない事が多く出来る事が少ない、
ゆえに出来る事に着眼するのが効率が良く、
出来ることの多い中上級者は少なくなって来た、
苦手と向き合うと良い。

正確さ

動きの中で大切になって来る精度は二種類考えられる。
一つは本人が思った通りに動く正確さの精度。
二つ目はその動きを対人の中で発揮する正確さ。
対人の稽古ばかりで自分単独動作の正確さを認識しないと結果雑な動きになり易い。
とは言え一人稽古のみでは対人の動きに対応は難しい。
順序としては一人稽古を十分に積み正確さを身に付け、
対人の稽古で不足を感じたらまた一人稽古で補いながら、
更に対人の経験を積むのが良いと思う。

手を使わない

私が生徒であった時、
よく手を使うなと言われる事がありました。
「手を使わなければ剣すら握れないじゃないか…。」
などと思ったものでしたが、
手を使わないと言う事は比喩表現で、
実際は身体の出来る限りすべてを参加させる為に、
手だけに突出した仕事をさせない…と言う様な意味であると今は思います。
出来る人のアドバイスや意図を、
まだ出来ていない人が推し量る事の難しさは、
実技のある世界では顕著だと思いますが、
意図を図り気持ちを量り法則を見抜くような事自体も、
必須の稽古の一側面であると私は思っております。