地味な稽古を重ねる

武道の稽古では、

見た目の派手さや複雑怪奇な事に囚われすぎず、

原理原則をきちんと学ぶ事が大切。

皆が中々出来ない技術を追い求める事も理解できるが、

誰でもできる基礎的な部分をきちんと抑え、

理解し深める事が大事だと私は思う。

誰にでも必要だとわかる要素、

誰にでも(意識すれば)出来る事、

当然すべきと容易く思い描ける事をきちんとこなす。

常に確実に行い続ける事は簡単な事ではない。

人は一つの要素に囚われれば当然すべき他の要素を疎かにし易いものだ。

すべき要件を全て満たして、

結果技の形に表わされている事が重要である。

その積み重ねが派手さや不思議に繋がるのであれば、

もちろん問題はない。

One thought on “地味な稽古を重ねる

  1. It is actually a great and useful piece of info. I am glad that you shared this helpful information with us. Please stay us up to date like this. Thanks for sharing.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。